コピー機のリースを利用する主なメリット

リース契約により初期費用を抑制できます

コピー機を買い入れる場合において、いうまでもなく大きい金額の初期に関するコストが掛かります。それに対して、リースに関する契約では、機器の商品の購入に絶対不可欠な初期コストの調達を貸している会社が代行しますので、導入時に掛かってくる初期に対する費用を抑えることができます。銀行サイドから初期に関するコストを借金する場合も、初期費用を抑えられますが、金額、あるいは会社組織の運営管理状態によっては借金の審査がパスしないこともあることを把握しておくことが必要です。

効率的な財務管理を行うことができます

また、費用の把握が効率的なこともメリットです。買い入れた場合、固定資産税、あるいは減価償却費用といった費用は購入者の負担となりまして、年度ごとに変わってしまいます。さらに、盗難等に対抗する為の動産保険といった費用も購入者の負担になります。その結果、導入する台数が増加することに伴って、財務管理そのものが困難になります。それに対して、リースに関する契約では固定資産税、あるいは減価償却費用そして、動産保険といったコストは全てが貸している会社が負担することになります。契約している期間中のコストも固定のため、費用が平準化されることになり、財務管理、あるいは費用の把握が容易になります。

手間がかかる管理事務を簡略化できます

わずらわしい管理事務そのものが不要になることもメリットのひとつです。買い入れる場合、固定資産税、あるいは減価償却費そして、動産保険などに関係する広い範囲に亘る事務的などうしても必要な作業も購入者がしなければなりません。とりわけ動産保険につきましては、少なくとも一年に一回、機器があることを見定めるための棚卸しのための必要な作業を欠かすことが出来ません。棚卸し作業に関しましては、数多い固定資産対象の機器を用いている部門にとりまして、負担が重い作業ということが出来るでしょう。しかしながら、リースを活用することにより、記帳、あるいは資金調達そして、償却事務といった手間が掛かる事務的な作業が軽くなり、そうした管理を行っている部門のスリム化を図ることができます。コピー機の期間につきましては、国の法律によって3~6年と決められています。一般的な期間は5年ですが、最低の契約期間の3年でも契約書を交わすことができます。加えて、期間が終了した機器は、返すのみの単純なものです。しかしながら、コピー機購入の場合、法定年数に及ぶまで固定資産税を支払い続ける必要があります。

More from my site