レンタルよりもコピー機のリースが良い理由

コピー用機器を借りる2つの手段

コピー機は、しばしば借りる事が検討されています。その機器を購入するのと比べれば、比較的簡単に交換できますし、色々なメリットはあるからです。ところでその機器を借りるとなると、2つ選択肢があります。レンタルかリースです。どちらも借りる事にはなりますが、両者は利用期間に関する違いがあります。前者は、原則として短期契約になります。コピー用機器を数日だけ借りる事も可能です。契約者が希望すれば、3年前後で借り続ける事もできます。それに対して後者は、基本的には長期間で借りる訳です。基本的には5年以上で借りる事になり、最長で7年前後と設定されているサービス会社が多いです。その二者はよく比較されますが、費用面を考慮しますと、後者の方が望ましいという意見が目立ちます。合計費用は格安になる事が多いからです。

出費の合計金額はレンタルよりは低い

どちらの手段で借りるにしても、所定の業者に対して、お金を払っていく事にはなります。しかしレンタルの場合は、出費額が大きくなってしまう傾向があります。その1つは初期費用です。レンタルで借りたい場合は、所定の業者に対して初期費用を支払う事にはなります。その数字が、かなり重たく感じられる事も多いです。それに対してリースというサービスですと、レンタルほど初期費用は高くありません。ですから最初にまとまった費用を支払うのが難しいなら、おすすめです。またレンタルと違って、合計費用も低く抑える事もできます。レンタルの場合は短期契約は可能ですが、その分毎月の出費の合計数字も高めになってしまう訳です。ですから合計出費を抑えたい方々にとっては、レンタルよりはおすすめと言えます。

新しい機器を借りられるメリット

それとレンタルの場合は、コピー機の新しさに関するデメリットがあります。レンタルの会社が提供している機器は、製造された年数は異なります。新しい機器もあれば、やや古いタイプもある訳です。それで借りる側は、その年式を選ぶ事はできません。あくまでもレンタル会社が選択した機器に限定されてしまう訳です。ただコピー機を使用したい企業としては、新しさを求めている事もあります。最新機能を兼ね備えた機器を借りたい時には、レンタルでは少々厳しい事も多いです。ところがリースという手段の場合は、契約する側は選ぶ事ができます。最新機能が完備されている機器を求めているなら、その旨を業者に伝達すれば、手配してくれます。すなわち合計費用と機器の新しさという2点が、リースというサービスの主なメリットです。

More from my site