コピー機を購入するよりリースの方が良い2つの理由

コピーの機械を購入する際の出費や事務処理などの悩み

業務でコピー機を使用している法人は、とても多いです。しかしそのコピー用のマシーンを導入するにも、費用は発生します。法人によっては、その費用に関して色々な悩みを抱えている事もあります。例えば、購入費用に関する悩みです。コピー機によっては、購入金額がそこそこ高めになっている事はあります。機械にも左右されますが、中にはかなり高めな機器があるのも事実です。あまり大きな支出が生じてしまうと、企業としては大変困る訳です。その他にも、出費に関する事務処理の問題があります。年度末の納税に関する決算手続きをする際には、事務処理がかなり煩雑になっている事もあります。購入するコピーの機械によっては、その事務処理の手間が大きくなってしまう事も、珍しくありません。ですから企業にとっては、コピーの機械を購入するのは、意外と大変な一面もあります。

事務の処理が面倒にならないメリット

ところでコピー用のマシーンは、借りる事もできます。世間には様々なサービスがありますが、マシーンの貸し出しなどもその1つです。いわゆるリースです。機械を借りる事は、様々なメリットがあります。例えば、上記の事務処理に関するメリットです。購入した機械は、所有権はリース会社に帰属する事になります。それを借りた法人が、コピーの機械を保有する訳ではありません。このため様々な事務処理が楽になる傾向があります。その機械を購入してしまいますと、減価償却などの兼ね合いがあり、税金に関わる事務処理が大変面倒になってしまう事も多いです。しかしその機械を借りた時は、話は大きく異なります。あくまでも機械の保有権は、その機械を貸し出してくれる業者に帰属しますので、事務処理もそこまで煩雑にならない訳です。そのメリットは大きいです。

一度に大きな金額を支払う訳ではない

それと上述の出費に関わるメリットもあります。コピー機によっては値段がかなり高めですから、一度にまとまった出費が生じてしまう事も多いです。仮にその出費が50万円だとします。ところがそのコピーの機械を借りる場合は、一度に大きなお金が出ていかない訳です。借りる場合は、1ヶ月単位でお金を支払っていく事になります。50万円のような金額を一気に支払うのではなく、毎月2万円などで借り続けていく事になります。一気に50万円を支払うのは大変ですが、毎月2万円分なら負担はそこまで大きくならない事も多いです。ですから毎月の支出などは抑えたい法人にとっては、その機械を購入するよりは、むしろ借りる方が望ましい事もあります。つまりコピーの機械をリースする事は、事務処理と毎月の出費という2点のメリットがある訳です。

More from my site